menu

Items / Silverware

Wiskemann “Dessous de Bouteille”

 

19世紀以来のベルギーの伝統的な銀細工工、ウィスケマンのワインボトル、或いはカラフェ用のシルバーコースター。見落とされがちですが、持っておくと暮らしの品格をさりげなくも確かに一段あげてくれる食卓道具の紹介です。

オクトゴナルというクラシックな様式の採用。
装飾性を廃したプレーンリムのアノニマスな佇まい、銀の輝き。

添えることで程よいアクセントになる素敵な一品だと思います。

 

 

背面には「1941 Double Mixte “B”」の刻印。
ミックスドダブル、主にはスポーツで用いられることの多い言葉ですが、何かの記念でしょうか。
あるいは出場記念であったり?想像が膨らみます。

 

 

Silver Plate (シルバープレート)

シルバープレートとは産業革命の波を受けて、18世紀から19世紀にかけて発展した、真鍮や洋白 (ニッケルシルバー) 等の下地を銀で覆った素材のことです。

美しい輝き、優しい肌触り、食器やグラスに触れたときの綺麗な響き。純銀に比べると暮らしにも取り入れやすく、ヨーロッパの家庭やレストラン、ホテル等さまざまなシーンでも広く使われてきたシルバープレートカトラリーは、食卓の品位を気軽にぐっとあげてくれる存在です。

 


 

銀器の普段の使い方とお手入れ方法

銀器は使っていると空気に触れて色がくすんでいきます。

・洗ったあとはできるかぎりすぐに拭いてあげてください。
・毎日と言わずとも定期的に使ってあげることが大切です。

黒ずみが気になるときはお鍋に熱いお湯を張り、アルミホイルと重曹を入れ銀器を浸しください。銀が輝きを取り戻します。またこの方法であれば、銀器の量が増えても、手間が増えずにお手入れいただけると思います。それぞれの銀器は重ねずに離していただいたほうが、効果は出やすいです。

※鍋はアルミ以外の素材を使用してください。
※シルバーナイフについてのみ、ハンドルとブレードの接合部がニワカという熱に弱い糊で接着されているため、上記方法には注意が必要です。

説明をすると面倒な素材に聞こえますが、実際は想像よりずっと気軽に使っていただけると思います。ぜひ暮らしのなかで程よく気をかけてあげながら、銀器と付き合ってみてください。

 

 


 

<information>

サイズ: W12.3 × D11.8 × H1.3cm

備考:
内径は約8.2cm、一般的なワインボトルは問題なく収まります。
シャンパン、ジュラといった特殊形状の大きなワインボトルにはご使用いただけない場合があります。

 

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts