menu

Curiosité / Items

Ancienne bouteille en Verre Noir

 

19世紀の吹きガラスボトル。美しく、小さめが好ましい実用器の紹介です。

空間に緊張を添える深い黒ガラスの悠然とした印象。光を浴び透明性を帯びたときの朗らかな佇まい。上げ底の仕上げ、柔らかでゆらゆらとした歪み、揺らぎも古いガラスボトル固有の美質です。

19世紀末以降、鉄道輸送の発達と並行するかたちで、機械吹きによる大量生産が主流となっていく食料保存用のガラス保存器ですが、今回紹介の個体は、職人によって宙吹き成形された民芸品。こうしたボトルは、フランス東部、アルザス・ロレーヌ近郊で主に、フランス各地の小さなガラス工房で1900年代初期ごろまで作られていました。

小ぶりなサイズ感は容量約400nl程。
卓上のウォーターボトルに、酒器瓶に。一輪挿しにしていただいても素敵です。

 

 


 

<Information>

サイズ: φ7.5 × H23.5cm

 

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts