menu

Curiosité / Items

Petit boîte en bois de Peinture à l’huile

 

南フランスの蚤の市で見つけた、18世紀のちいさな油彩絵付けの道具箱です。

パターンデザインで描かれた側面部のやわらかで牧歌的な小花柄、蓋上部のささやかな幾何学的図案。無名性の美しさと生活の気配。朽ちた絵具層も、古道具としての優しさに繋がっています。

タバティエール、嗅ぎタバコ入れでしょうか。にしては少しサイズが大きな気もします。定かではありませんが、いずれにしてもかつての裕福な家庭の紳士淑女が嗜みとして所有していたものでしょう。

継がれていくかつての持ち主の想い。市井の誰かによるアールポピュレール、民芸品は、200年近くの時を経てオブジェとしての確かな佇まいを纏う。小さな可愛いらしさと深度の深さの均衡。こんなキュリオジテをもっともっと扱っていきたい。古物ってやっぱりいいな。

暮らしの傍らにそっと添え、愛でていただけたらと思います。

 

 


 

<Information>

サイズ: W12.5 × D4.9 × H5cm / 内寸 W11.2 × D3.6 × H3.3cm

 

販売価格(税別)
¥17,000
Stock:1点

Related posts