menu

Items / Pottery

Badonviller “Assiette Dodecagonale” B

 

1900年代初期、バドンヴィレのリム皿の紹介です。

12角の面取りとエンボスのないフラットリムの、クラシカルで端正な印象。柔らかな象牙色は、食卓へ溶け込みながら、さりげないアクセントにもなります。オクトゴナルリムと似ていますが、より現代的な印象を備えているのが、この器の魅力だと思います。

見込みに深さがあるのも嬉しいですね。パスタ、スープからメイン料理の盛り付けまで軽やかに幅広く実用いただけたらと思います。

 

 

以前に纏った点数の同意匠の品をHPでご紹介しましたが、今回紹介の個体には、リムに美観を損なわない程度の僅かなチップがあります。上記画像をご確認ください。

 

Badonviller (バドンヴィレ)

1897年、テオフィル・フェナル ( Théophile Fenal) が、フランス北東部ロレーヌ地方の町バドンヴィレに、叔父ニコラスが近郊の町ペクソンヌ (Pexonne) に1828年に立ち上げた陶器窯から、分離独立するかたちで開窯。

すぐに300名を超える労働者を雇うまでになり、創業者テオフィルの死後は息子エドゥワルドにより従業員1000名を超える規模まで成長。リュネヴィル、サンクレモン、サルグミンヌ、前述したペクソンヌ等を中心に陶器製造が盛んだったロレーヌ地方で、新興の存在でありながらも、特に1900年代前半に強い存在感を示した陶器窯です。

 


 

Size: 約W23 × D22.7 × H3.7cm

(ご売約済)

Related posts