menu

Items / Pottery

Tasse de Cul Noir

 

小ぶりなキュノワールのタッス(カップ)の紹介です。

主にはシードルを嗜むのに好んで用いられたものです。北フランス文化の香りを感じますね。衛生面から生水の代わりとしても当時飲まれたシードル。19世紀以前のフランスにおいて、ブルジョワや貴族が飲み物を飲む際には、コーヒー、紅茶からワインに至るまで、主には小さめなサイズ感が好まれましたが、この手のタッスは庶民の器。やはりたっぷり注いで飲みたかったのでしょう。所謂現代におけるハンドル付きマグカップの走りとも呼べるような親しみ感じる大きさ。指馴染みよく、実用性も申し分ありません。

美しくも朗らかな一品だと思います。

 

 

キュノワール。柔らかな赤褐色や淡黄色の陶土を素地として、表面を透明な錫釉により白や灰色に、背面を酸化マンガンを含む釉薬により濃度を調整しながら飴色や漆黒に焼成させた、フランスの古民芸品です。

錫釉よりも比較的安価で、かつ耐熱性(直火ではなく主には窯焼きを想定)を確保するための熱膨張率も低い素材だったマンガン釉の性質が、調理用陶器としての実用性を高めたいという民意とも合致し、18世紀にノルマンディー地方ルーアンで生まれたキュノワールは、素地の陶土に改良が加えられながら、フランス北部から中部にかけての広い地域に伝播、発展していきました。

当時の人々に日常使いをされてきた器。ですがそれが故、100年を越える時間の経過のなかで、生活道具として少しずつ破損、散逸していて、特にクープラン好みの表面が無加飾のシンプルな個体の現存数は、当時の生産数に比して多くはありません。

 

 


 

<Information>

サイズ: W11.5 × D8.5 × H8.4cm

状態:
古色としての釉剥がれはありますがまだまだ実用いただけます。
ヒビや割れや等なくごく良好です。

 

(ご売約済)

Related posts