menu

Items / Pottery

Terraglia bianca a pasta Tenera XIX sec

 

イギリスで生まれた上質陶器クリームウェアの作陶技法は、ファイアンス・フィーヌとして認知度も高いフランスだけでなく、ヨーロッパ大陸を横断し、イタリア半島にも伝播していました。

ボローニャを中心に、規模としては小さいながらも作陶が行われたそれは、定義は多少異なりますが、同国の専門用語で「テライヤ / Terraglia」と呼ばれます。

ウェッジウッドを筆頭としたイギリスへの羨望を出発点に、18世紀末から19世紀初頭にかけて、ヨーロッパ各地で独自発展を遂げた上質陶器の、イタリアにおける一片のカタチ。

今回の紹介は19世紀初期頃の薬草保存器。マヨリカ焼きの発祥地であるイタリア式に習うなら、アルバレロと呼んでも良いと思います。

上品でいて凛とした古格は、国を問わず、同時代の無加飾の上質陶器の多くに通底するものですが、全体のプロポーションやシェイプの描き方、施釉の色、表情といった細部には、イギリス、フランス等のよく知られた上質陶器とは異なる、独特の感性があります。

微細でいて確かな差異を愉しむことは、古物の醍醐味ですね。

抑制されながらも垣間見える、大らかさや甘やかさ。
端正な様式美のアクセントとなっている個性が、とても心地よいです。

そうそう出会うことができない、希少な器であることも間違いありません。
添え、眺め、用い。200年前のイタリアを感じていただけたらと思います。

 

 


 

size: W14.5 × H24cm

状態:
蓋部分に2箇所欠損がありますが、蓋を閉めると見えない箇所です(スライド写真5、6枚目)。
古物としての美観を損なうものではありません。安心いただけたらと思います。

(ご売約済)

Related posts