menu

Items / Pottery

DIgoin Sarreguemines “Assiette Calotte”

 

クープランの定番品の1つです。

当代フランス古陶器ならではのきめ細やかな白釉とシンプルなモデリング。1900年代初期、ディゴワン・サルグミンヌ。フォルムの類似性から、カトリック僧侶の帽子「カロット」の呼称で呼ばれる、リムなしの深型皿です。

シンプルなテールドフェールの白釉器としては、リム皿、リム深皿に比べると個体数が少ないタイプですね。デッドストックの状態で纏めて仕入れることができました。

サラダの盛り付け皿として、スープ皿として。用途は多様です。
日々タフに軽やかにお使いいただきたい一品です。

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開かれた窯は、1870年代に、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに新しい窯を構えました。

経営においては幾度かの変遷を経ながら、両窯共に、20世紀を通して稼働し続けました。サルグミンヌ単独経営の時代の作陶品としては、貴族や有産階級を主な顧客とした繊細なファイアンスフィーヌが知られます。ディゴワンとの二拠点体制となった19世紀末頃からは、少しづつ大衆化していき、機能的で実直な陶磁器を作陶しました。

地図(Click!

 

 


 

Size: φ20.5 × H4.2cm

(ご売約済)

Related posts