menu

Curiosité / Items

Joli petit tableau sur bois

両手に収まるくらいのちいさな木板に詰まった、豊かで心温まる世界。

パリで見つけた素朴派を感じる油彩画です。

漕ぎたたんとしている小舟と舟乗りの男たち。女性は帰りを待つ妻でしょうか。
脇には櫂、アンカー、錨綱といった船具。海の向こうがわには、佇む大型船。

健やかなモチーフが、やわらかな色調で牧歌的に描かれています。

描き手の想いが詰まった稚拙でいて丁寧な筆致。
写実という行為から、空想的な物語を立ち上げている。そんふうな。一目惚れでした。

ウジェニー・ベナ (Eugenie Bainat)。推定1900年代初期。

 


 

Size: W12.9 × H17.9cm

(ご売約済)

Related posts