menu

Items / Pottery

Jules Vieillard et Cie “Moutaridier”

 

ムータルディエ (マスタードポット) という存在に、個人的にとても心惹かれます。

確かな機能性を備えているとともに、必要となる部位の多さから、それぞれの器には個性が必ず生まれる。とは言え、数を揃えるというものではなく、サイズも小さいことから、多少の主張の強さも「おかしさ」や「愉しさ」として受け止めることができ、その塩梅が生活骨董を扱う自分としては、とても心地よいです。

19世紀中庸にボルドーのファイアンスリー、ジュール・ヴィエイヤールで作陶された一品です。

18世紀フランスのルーアン陶器からインスピレーションを受けたクラシカルな絵付け。
深いコバルトは、空間を上品に引き締めます。

 

Jules Vieillard et Cie (ジュール・ヴィエイヤール・エ・シー)

ジュール・ヴィエイヤール社(Jules Vieillard et Cie)。ヴィエイヤール・ボルドーとも呼ばれます。1835年、イギリス人のデヴィッド・ジョンストンが、多くの職人達を引き連れボルドーの街に開窯したのが歴史の始まりです。その後1845年に後継者として、ジュール・ヴィエイヤールが会社を引き継ぎ、ジュール・ヴィエイヤールと社名を改め、1895年までその歴史は続きました。パリ万国博覧会で賞を得るなどした、当代随一のファイアンスリーです。

19世紀末に閉窯してしまったこともあり現存品は多くはありません。

 


 

size: φ12.5 × H8.5cm

(ご売約済)

Related posts