menu

Items / Pottery

Digoin Sarreguemines “Soupiere”

 

<Shopping Information>

サイズ: φ23.5 × D22 × H17.5cm
状態: 割れ欠けはありません。器内部の釉剥がれ、蓋側面のヘアラインを写真にてご確認ください。

 


 

1900年前後のディゴワン製陶所。存在感のある白釉スーピエールの紹介です。

大ぶりなサイズ感はポタージュなどを注ぎ入れ食卓の真ん中に添えられて使われていました。クープランとしては比較的珍しいスーピエールの仕入れ。華美になりすぎない、ニュートラルな佇まいに心惹かれ選びとりました。

器内部は使い込まれ釉剥がれが見られるため料理の盛り付けは慎重を要しますが、果実のストックに良さそうですね。蓋つきの特性を生かして生活感のある道具類を隠し、インテリアのバランスを整えるための装飾品としていただくのも素敵だと思います。

目立つ割れや欠けはありませんが、全体に古陶としての風合いがございます。風合いを写真にてご確認ください。

 

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥13,000
Stock:1点

Related posts