menu

Items / Pottery

Faiencerie d’Apt “Oval Dish”

 

<Shopping Information>

サイズ: W32.5 × D22 × H3.8cm
状態: 古陶としての魅力こそを感じていただきたい器です。写真にて風合いをご確認ください。

 


 

推定1800年代半ば。美しい佇まいの古手のアプト焼きオーバルの紹介です。

固有の美質である上品な黄釉と、時を経て刻み込まれた古陶としての気配。
染みや欠けすらも、この器がこの器たる所以に繋がっていると感じます。

アプト焼き。オークルを主原料に、様々な年代、工房で多様でニュアンス豊かな作陶が為されてきたからこそ、2つとして同じ器はなく、また例えばパリ近郊では見かけることすらない、希少な地方の上質民芸陶器でもあります。南フランスに携わる古物商として、何度紹介を重ねても、取り扱えることの幸せを変わらず感じ続けています。

ミートグリルや温野菜。メインディッシュを気持ち良く受け止め、食卓の品格も一段上げてくれるて素晴らしい古陶器。割れやヒビはなくまだまだ現役でお使いいただけます。風合いは写真にてご確認ください。

 

 

> Faience d’Apt (アプト焼き)

南仏プロヴァンス、リュベロン地方の街アプトでは古くから陶器製造が続けられてきました。

18世紀初頭、セザール・ムーラン (César Moulin) がアプトに隣接する小さな村、カステレで最初の陶器工房を開窯。18世紀代半ば頃には、セザールの息子のうち1人が引き続きカステレで作陶を続け、残り2人はアプトに拠点を移し新たな陶器工房を開窯。それらの工房を基盤に、その後も複数の陶工や経営者により多様な作陶が行われ続けました。時代、工房によってもさまざまな表情を見せてくれる上質民芸陶器です。

当時の主な顧客は南フランスの地方貴族やブルジョワ。特に品のある黄釉は、南仏古陶のなかでもアプト焼きこそが持つ固有の美質として知られています。

 

販売価格(税別)
¥18,000
Stock:1点

Related posts