menu

Glassware / Items

Antique Cryastal “Glass Gobelet”

 

<Shopping Information>

サイズ: 約φ5.3 × H7.3cm
状態: 使用感のない良好な状態です。

 


 

1900年代前後、アンティーククリスタルの無加飾の小ぶりなゴブレ。

個人的にはビールを嗜むなら、大ぶりのグラスではなく、横にビール瓶を添えて、これくらいのサイズのグラスに注ぎ足しながら飲むのが好きです。濃いめのアイスコーヒーも合いそうですね。

凝固したガラスの奥に垣間見える職人の気配。美しく精巧な工芸品としての完成度の高さ。
上質なクリスタルであることを示す、弾いたときの鳴る華やかな音色が綺麗で心地よい。

無刻印のためガラス工は不明。同質、同デザインの器は主にはバカラ、サンルイに存在するためどちらかの工房での成形品の可能性が非常に高いですが、1900年代初頭頃のフランスには、前述2社と同じレベルのクリスタルガラスの成形技術をもった無名のガラス工も複数存在し、カッティングやモデリングからガラス工が特定できることは多いですが、無加飾のシンプルなデザインについては判断が難しく、断定したお伝えをクープランではしていません。

とはいえ素晴らしいアンティーククリスタルであることに変わりはありません。バカラ、サンルイと言い切れずとも上質なクリスタルガラスが存在することこそが、1900年代前後という職人仕事が今よりも生きていた時代の、何よりの魅力でもありますね。

 

 

Crystal Glass (クリスタルガラス)

清らかな透明感、美しい輝き、高音の澄んだ音色。まるで天然の水晶のようなであることから、その呼び名で呼ばれるクリスタルガラスは、特に西洋では、装飾芸術としてガラスの価値を高めた存在です。

通常のソーダガラスより硬質で、溶解温度も低く抑えられるという特徴から、繊細なカットやグラヴィールをすることができますが、その成形には高度な知識や技術が必要です。

例えば歴史ある工房では、火を用いてクリスタルを吹く作業「ホットワーク」と、製品を研磨しカットや装飾を施す「コールドワーク」の、それぞれの工程に専門の職人がおり、フランスが世界に誇る著名なクリスタル工房バカラやサンルイは、同国の最優秀職人 M.O.F. (MEILLEUR OUVRIER DE FRANCE ) を多数輩出しています。

高品質なクリスタルガラス成型は、まさに伝統と技術の結晶です。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts