menu

Items / Pottery

Digoin Sarreguemines “Charcuterie Plate”

 

<Shopping Information>

サイズ: W35.5 × D21.2 × H2.7cm
状態: 状態はごく良好ですが、僅かにガタつきがございます。

 


 

ディゴワン&サルグミンヌで作陶されたシャルキュトリのためのスクエア皿。

なかなか見つけることのできない希少な器ですね。本来の用途の通りにハムやソーセージ、パテやテリーヌ、 リエットを添えて食卓に供していただくも良し、或いはホットミール全般の盛り付け皿としてももちろんお使いいただけます。

スクエアフォルムのプレーンな佇まい。食卓の真ん中に添えても空間を圧迫しないサイズに比して浅めの奥行き。テーブルコーディネートが整えやすい、器としてごく優秀な1枚です。

割れや欠けはなくごく良好な状態ですが、1点だけ難点としまして、背面の胎土が膨らんでしまっていることに起因する、若干のガタつきがございます。食卓に並べてしまえば気にならない程度のガタつきです。当店として実用性に問題はない器としてご紹介しておりますが、ご了承のうえご注文をいただけますと幸いです。状態を考慮し、価格を少しだけ抑えております。

 

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts