menu

Glassware / Items

Verre A Pied Anciens en Cristal Taillé

 

推定18世紀末〜19世紀初期頃。
宙吹き地厚のクリスタル、ファセットカットを施した古手のステムグラス。

宙吹きならではの揺らぎや傾ぎ、職人による手仕事の温かな気配を存分に纏いながらも、高純度のクリスタルガラス固有の上品な白色には柔らかな緊張感があります。

光を乱反射するステムの切子によるガラス断面の表情は、とても美しい。

クリスタルガラスが、フランス語圏においては生産が一般化していなかったこと、かつ限られた生産環境においても、全体の成形には型吹きが用いられることが主だったことから、18〜19世紀の宙吹きによるクリスタルガラス器というのは珍しい。こんなグラスもあるんだ。発見をもらった一品です。

容量を比較的注げる作り。
蒸留酒、リキュール類に限らず、冷酒やワインまで、多様にお使いいただけそうです。

 

Crystal Glass (クリスタルガラス)

清らかな透明感、美しい輝き、高音の澄んだ音色。まるで天然の水晶のようなであることから、その呼び名で呼ばれるクリスタルガラスは、特に西洋では、装飾芸術としてガラスの価値を高めた存在です。

通常のソーダガラスより硬質で、溶解温度も低く抑えられるという特徴から、繊細なカットやグラヴィールをすることができますが、その成形には高度な知識や技術が必要です。

例えば歴史ある工房では、火を用いてクリスタルを吹く作業「ホットワーク」と、製品を研磨しカットや装飾を施す「コールドワーク」の、それぞれの工程に専門の職人がおり、フランスが世界に誇る著名なクリスタル工房バカラやサンルイは、同国の最優秀職人 M.O.F. (MEILLEUR OUVRIER DE FRANCE ) を多数輩出しています。

高品質なクリスタルガラス成型は、まさに伝統と技術の結晶です。

 


 

Size: Cup 約φ6.2 / Stem 6.9 H13.3cm

販売価格(税別)
¥9,000
Stock:1点

Related posts