menu

Items / Pottery

Plat de viande en Faience de Moustiers

 

18世紀南フランス、ムスティエの大ぶりな輪花鉢です。

片口仕様となっています。肉汁を注ぐために付けられたものですね。この種の器としては「レシュフリット」と呼ばれるテラコッタの肉焼用オーブンウェアが知られますが、プロヴァンスの裕福な家庭で供された大らかな食事の景色が思い浮かぶようです。

乾いた陽光を浴び、木々山々に囲まれ、澄んだ泉と良質の赤土にも恵まれた村、ムスティエ・サント・マリー。窯々の装飾様式・技術は、17世紀以来、戦争により不足した銀の代用品として王侯貴族のための食器を手がけるなかで発展したことは知られいるところですが、フランス的ノーブルなエッセンスを加えながらも、模倣には留まらず、気候風土が育んだ独自のプロヴァンス的感性が絶えず宿っていることこそ、ムスティエ焼の魅力でしょう。

 


 

W36 × D28 × H5.7cm

(ご売約済)

Related posts