menu

Items / Pottery

Bol a thé et sa soucoupe en faience

 

18世紀、英国の上流階級の生活では、中国清朝から渡ってきた飲茶器をベースに、湯冷まし用の受け皿(ソーサー)を加えることで生まれたティーボウル&ソーサーが、紅茶を嗜む際に好んで用いられました。ティーボウル&ソーサーは、ボウル部分にハンドルを取り付けた所謂ティーカップ&ソーサーの普及により、やがて姿を消すこととなりますが、今回の紹介は、古きフォーマルへの拘りが未だ僅かに残っていた時代、19世紀初期〜中庸に、フランスで作陶された珍しい一品です。

前述のとおり、懐古趣味的引用と西洋工芸最先端国、英国への憧憬が作陶背景にはあり、それでいて手彩草花文の筆致には、19世紀フランスのブルジョワ的理性が繊細微妙に表出しています。構成要素の同居と塩梅が、この器固有の魅力を生んでいます。

こまやかで端正な絢爛さに心惹かれました。

ごく薄造りの陶胎、低音焼成による肌理こまやかでやわらかな陶肌は、クレイユエモントロー製か、或いは近郊の他の窯製か。断定はできませんが、当時の裕福なブルジョワ家庭を想定し作陶されたであろうことが窺い知れる、良質で美しい半陶半磁器です。

絵付けのラスター彩による淡いピンクゴールドも優しい。それもまた英国の影響ですね。

 


 

Size: Cup φ7.3 H4.5 / Saucer φ12 H3cm

(ご売約済)

Related posts