menu

Glassware / Items

Verre à Vin Soufflé et Gravure XVIIIème

 

狂いなく彫られた繊細高貴な花綱文のグラヴュール装飾に、柔らかなティアドロップ。とろみのある硝子胎はクリスタルの性質を帯び、含有する不純物により深く鈍い灰みを湛えています。型を用いずマウスブローで吹き上げられた全体を含め、器としての精度の高さには、職人の技術とセンスの粋が詰まっていると感じます。

18世紀手工芸の気配を存分に感じられる、美しいワイングラスです。

静かな一人時間にこそ添えたいと感じます。

ガラスの表情と注ぐ飲み物の色彩が織りなし魅せる美しさを、注げる量が少ないからこそ、味覚と共にゆっくりと味わいたい。ささやかな特別を提供してくれる逸品です。

少量のマティーニや、就寝前のマールやハーブリキュールにいかがでしょうか。

 

手吹きガラス

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で、風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。

20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 


 

サイズ: Cup 約φ4.7 / Stem 約φ4.7 H10.5cm

在庫2点の状態に差異はございません。

(ご売約済)

Related posts