menu

Curiosité / Items

Tableau Nature Morte

 

 

器に盛り付けられた豊かな実り。

細部を眺め視える細やかさと、全体に漂うおおらかな気配。描き手の想いがにじみでてくるような筆使いからは、名もなき無名絵画の中庸でやわらかな包容力を感じます。

明暗のコントラストと無理のない構図、日本の住環境にも馴染む程よい大きさの寸法。
主張と抑制の均衡が保たれていることも好ましい、素敵な塩梅の絵画です。

1900年代初期、南フランス。

(ご売約済)

Related posts