menu

Items / Pottery

Saint-Amand-les-Eaux Assiette

 

北フランス、サンタマン=レゾー。コバルドの転写絵皿です。

料理の包容力に加え図柄のバランスにまで拘ると、好みな雰囲気の絵皿はありそうでなかったりします。

60年代前後頃の古い映画なんかよく出てくる、テールドフェールの絵皿が日常使いされている食事シーンを、いつも「なんだかいいなぁ」と眺めてます。

フランスらしい柔らかな白釉に、抑制が効きながら気の利いたデコレーション。真面目さと可愛らしさが佳い塩梅で詰まった絵皿は、洋の家庭料理を日々心地よく受け止めてくれることと思います。

細かな貫入も一部見られますが、割れや欠け、使用感はありません。
ごく良好な状態です。

 

Céramique de Saint-Amand-les-Eaux (サンタマン=レゾーの陶器)

18世紀初頭より、北フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏の北部(現在のフランスの最北部)では陶磁器の生産が続けられていました。様々な変遷を経てきたため、作陶の起源である地域の名を取り、総称してサンタマン=レゾーの陶器と呼ばれています。

主要な窯のあった場所は、古くはオルシ、サンタマン=レゾー、ヴァランシエンヌ、そして19世紀末の起業化後にできたヴァンディニー=アマージュです。

現在のアンティーク市場で主に見つけることができるのは、1880年リュネヴィル-サンクレモンの影響を受け、窯を企業化したうえで陶磁器の量産をするようになった19世紀末以降の個体。1923年以降は、サンタマン・オーチー・アマージュ陶磁器 (Faïences et Porcelaines de Saint-Amand-Orchies-Hamage) の社名で、ムーランデルー製陶所にて製陶を行いました。「Saint-Amand et Hamage」「Moulin des Loups et Hamage」というような刻印がある陶磁器は、同社の製陶品です。

1923年以降の企業名:
Faïences et Porcelaines de Saint-Amand-Orchies-Hamage & Manufacture du Moulin des Loups-Hamage
サンタマン・オルシ・アマージュ陶磁器 & ムーランデルー・アマージュ製陶所

 


 

Size: φ23.7cm

 

(ご売約済)

Related posts