menu

Glassware / Items

Petit Verre à Pied Soufflé

 

幾度も仕入れを重ねてきており、故に一層選ぶ目も厳しくなる宙吹き成形のステムグラス。
今回紹介の個体は、抜群のガラスの表情に心惹かれました。

職人の成形技術に甘さはなく、個体差はあれど1つ1つの寸法・カタチは一定の規格のなかで均衡が保たれています。何百、何千と成形し続けたであろう経験のなかで生まれた職人なりの思想。機能性を損なわない範疇では容認されたであろう自然発生的な揺らぎ、傾ぎには、寧ろ好ましさと愛着を感じます。

職人が「作る」ことで自身や家族の生活を支え、できあがったグラスは、土地に住む市井の人々に雑器として日常的に用いられた。かつて当たり前のものとして在った田舎の日常と、そこに宿る美しさ。

19世紀後期〜20世紀初頭頃、フランス北部。

別ページで紹介の個体(Click!)と同手ですが、不純金属の混入により仄かに朱を帯びています。微細で豊かな古民品のニュアンスが感じられる一品です。

 

吹きガラス

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 


 

Lip φ6.6 / Stem φ6.5 × H14.4cm (個体差有り)

販売価格(税別)
¥4,500
Stock:2点

Related posts