menu

Glassware / Items

Verre à Pied en Cristal Ancien

 

推定19世紀末〜20世紀初期頃。クリスタルの水用グラスです。

無加飾のシンプルなボウルと、建築装飾に倣ったクラシックなステム。
さり気なく西洋文化を纏い涼やかに佇む、その姿に心惹かれます。

似た手のサンルイ製を知っていますが、ディテールを含めると初見のモデリング。工房は不祥としています。1900年前後頃のフランスならではの澄んだ透明と手仕事の仄かな揺らぎが同居した、良質なクリスタルガラスです。

色気と品格を添えてくれる一品は、酒類に限らない器としての汎用性の高さも嬉しいです。ペリエやハーブウォーターを注ぐ日常の食卓景も、一層豊かなものとなりそうです。

 

Verre en Cristal Français / フランスのクリスタルガラス

1781年、フランスで最初にクリスタルガラスの開発に成功したサンルイ。1816年にクリスタルガラスの生産を始めたバカラ。現在でも著名な両会社を筆頭に、古くは18世紀から20世紀アールデコの時代頃まで、アルザス=ロレーヌ地方近郊 (ドイツとフランスの国境付近にある地域) で、複数のクリスタル製造を行うガラス工房が繁栄しました。

またフランス内陸部でも、ブルゴーニュ地方にあるル・クルーゾという町の工房、通称ヴェルリー城 (château de la Verrerie = ガラスの城の意) や、1853年のパリ万博を経て、ナポレオン3世期に繁栄を極めた工房、クリシー、或いは陶磁器製造でも著名なショワジールロワやセーブル、といった地で高品質なクリスタルガラスの製造が行われています。

近世以前の西洋におけるガラス製造は、チェコのボヘミアやイタリアのヴェネチア (ムラーノ) が有名ですが、フランスは、クリスタル製造を通じて装飾芸術としてガラスの価値を高めた、「新しいガラスの歴史」の一端を担ってきた国として知られています。

特に1900年代初期頃までは、今では名前を知られていないながらも、高品質で美しいクリスタルガラスを製造する工房がいくつも存在しました。クープランでは、ブランド名に拘ることなく、装飾芸術としての美しさがありながらも華美になりすぎず、現代の暮らしにも心地よく溶け込む高品質なフランスのオールドクリスタルを仕入れ、紹介しています。

 


 

Lip 6.1 / Stem 7.5 × H16.9cm

販売価格(税別)
¥8,000
Stock:3点

Related posts