menu

Items / Other / Pottery

Creil et Montereau Plat Octogonale

 

1900年代前期クレイユ エ モントロー、モントロー製陶所。
復刻品の初期型、オクトゴナルの大皿です。

経年による削剥したリム縁や見込みの無理のない表情。
僅かに磁器質を帯びた陶胎としっかりとした重たさによるタフな印象。

古陶器らしい日常性が、優しいアイボリーと瀟酒な装飾を馴染ませ、全体を引き締めている。
そんな心地よい1枚です。

 

Creil et Montereau / クレイユ エ モントロー

1796年に開窯したクレイユと、1700年代前半から製陶を続けていたモントローが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユエモントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで作陶が続けられました。

主なマテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)。
パリのブルジョワジーを顧客に、当時のフランス製陶文化を牽引しました。

地図(Click!

 


 

W31.7 × D29.7 H2.5cm

(ご売約済)

Related posts