menu

Items / Pottery

Tasse en faience XVIIIème

 

18世紀、北フランスの作陶品。
ブルゴーニュの骨董屋でマダムから譲ってもらったファイアンス陶の小さなタッスです。

指が動くままに任せたような流れるような筆触の植物文は、陶工の経験の証左。東洋陶磁から着想を経た自然描写は、どこか空想的な気配を漂わせています。長閑で気の抜けた印象も愛らしく、18世紀フランスの民衆芸術の自由な感性が愉しめる一品と感じます。

掌に収まるくらいの小ささは、器の佇まいも相まり、ゆっくりと濃いめに抽出したブラックコーヒーが似つかわしいでしょう。

 


 

W8.5 D6.7 H5.3cm

(ご売約済)

Related posts