menu

Items / Pottery

Faience fine “Ecuelle”

 

磁器質を帯びた象牙色の美しいテールドピップ。
1800年代初期ファイアンスフィーヌ、ごく上質なエキュエールの紹介です。

エキュエール (Écuelle) とは古いフランス語で、18世紀以前より用いられてきた、暖かなスープを注ぐためのハンドルの付いた平たい深鉢のことを指して、こう呼びます。

18世紀末頃のフランスの古いファイアンスリー (ファイアンス陶器窯) のカタログを見ると、同手の器のことが、ほかのクラシックなフォルムのそれに相対するかたちで「ヌーヴェル (=新しい) フォルム」というふうに表現されています。また同時代の別の窯のカタログを見ると「ギリシャ風の耳付きエキュエール」と書かれていることもあります。18世紀末〜19世紀初期、工芸はもちろん、建築から彫刻などさまざまな分野で、古代ギリシャの意匠や形状を規範として興った芸術運動、新古典主義の影響下で生まれたデザインであることが分かります。

初期クレイユのものが著名ですが、刻印がないので、別の窯での作陶品である可能性も含んでいます。

古手のファイアンス・フィーヌこそが纏う美しさと気品。慎ましやかな佇まいに、静かに引き込まれます。細かな欠損もありますが、それすら古陶器固有の美質と個人的には感じます。

実用ももちろんですが、何よりも先ずクラシックな彫刻陶器として。

空間に添えておくだけで絵になる、美しい室内装飾品です。

 

 

※スライドショーにてご確認いただけるハンドル下部や口縁、底面の傷は、丁寧に扱えば拡がっていくものではありません。ご不明点ありましたら別途お気軽に問い合わせください。

 

Faience Fine (ファイアンスフィーヌ)

ファイアンス フィーヌ(仏: Faience Fine)。
それは1800年前後のフランス陶器を語る際には、ごく大切な一語です。

ファイアンスとは淡黄色の土の上に錫釉をかけ完成させる焼き物のことで
近世以降のフランスの主だった陶器製造法はこの「ファイアンス焼き」でした。

そんなフランスに、1700年代半ば、当時ウェッジウッドを筆頭に陶器製造の最先端国だった英国の「クリームウェア(クイーンズウェア)」が流入し、貴族の羨望の的となりました。

ですがブルボン王室によりその製造技法は特定の窯のみの特権とされ、また国内で採取できる陶土の違いもあり、英国式陶器をフランス各地で作陶することは困難だったそうです。経営者や陶工たちはそうした環境化、1789年以降のフランス革命という激動をも乗り越え、伝統的なファイアンス焼きと英国クリームウェアの狭間での技術開発を続け、貴族や有産階級の人々の心を満たす、フランスならではの美しい陶器を作り出しました。

きめ細やかで品のある陶肌と、指で弾いた時の耳心地良い響き。
白、あるいは象牙色を素地にして、透明な錫釉を施し低温焼成した繊細で軽やかな上質陶器。

それがフランスの「ファイアンスフィーヌ」です。

国王による保護が行われた初期の英国風ファイアンスから、クレイユやモントローで作陶されたテールドピップ、或いはテール ド ロレーヌ、ビスキュイ等、細かくはさらに詳細な作陶技法に分類されます。

ですが時流の変化は世の常。大量生産には向いていなく、繊細な器であったファイアンスフィーヌは、革命を経て市民社会の台頭がより顕著になり、英国から遅れるかたちでやってきた産業化の波の中で、1830年代以降は、徐々に量産向きの半陶半磁器(≒テールドフェール)に取って代わられることになりました。

ファイアンスフィーヌ。それは当時のフランス人が苦心の末に生み出し、ごく僅かな期間にだけ少数生産された、儚げな骨董品です。

 

 


 

< Information>

サイズ: 約W19 × D13.8 × H10.5cm

 

(売約済)

Related posts