menu

EarlyMusic / Items

Debussy “Piano Music on the historical piano”

 

<Information>

演奏: スタニー・ダヴィド・ラスリー (ピアノ / 古楽器)

使用楽器:
エラール社 1921年製 = ピアノのために、版画、喜びの島、映像第1集、第2集、子供の領分
エラール社 1874年製 = 前奏曲集第1巻、レントよりも遅く、前奏曲集第2巻

 


 

近代フランス、印象主義音楽の担い手ドビュッシー。

「触れる」ということの技法。弾く楽器=鍵盤楽器としてのピアノの概念を抜本から変え、視覚的なイメージを音にとらえ、独自の形式感覚で響きに翻案していった近代ヨーロッパでもっとも重要な作曲家のピアノ独奏曲を、1874年製年製と1921年製のパリ、エラール社のオリジナル楽器で。

中音域の倍音の豊かさ、高音域の繊細な煌びやかさ。現代ピアノのスタンダードとは異なる、ニュアンスに富み透明感ある穏やかな古いピアノの音色が、ドビュッシー自身が生きた時代のパリへと聴き手を誘います。

 

クロード・ドビュッシー(1862 – 1918)

[CD 1]

01-03. ピアノのために

版画
04.塔
05.グラナダの夕べ
06.雨の庭

07.喜びの島

映像 第1集
08.水に映る影

09.ラモーを讃えて
10.運動

映像 第2集
11.葉末を渡る鐘の音
12.そして月は荒れた寺院に落ちる
13.金色の魚
14-19.組曲「子供の領分」

 

[CD 2]

前奏曲集 第1集
1.デルフォイの舞姫
2.帆
3.野を渡る風
4.音と香りは夕べの大気の中に漂う
5.アナカプリの丘
6.雪の上の足跡
7.西風の見たもの
8.亜麻色の髪の乙女

9.さえぎられたセレナード
10.沈める寺
11.パックの踊り
12.吟遊詩人
13.レントよりも遅く

前奏曲集 第2集
14.霧
15.枯れ葉
16.ビーノの門
17.妖精たちはあでやかな舞姫
18.ヒースの草むら
19.ラヴィーヌ将軍、風変りな
20.月の光が注ぐテラス
21.オンディーヌ
22.ピックウィック氏を讃えて
23.エジプトの壺
24.交替する三度
25.花火

 

販売価格(税別)
¥4,300
売り切れ
Stock:0点

Related posts