menu

EarlyMusic / Items

Debussy “Piano Music on the historical piano”

 

<Information>

演奏: スタニー・ダヴィド・ラスリー (ピアノ / 古楽器)

使用楽器:
エラール社 1921年製 = ピアノのために、版画、喜びの島、映像第1集、第2集、子供の領分
エラール社 1874年製 = 前奏曲集第1巻、レントよりも遅く、前奏曲集第2巻

 


 

近代フランス、印象主義音楽の担い手ドビュッシー。

「触れる」ということの技法。弾く楽器=鍵盤楽器としてのピアノの概念を抜本から変え、視覚的なイメージを音にとらえ、独自の形式感覚で響きに翻案していった近代ヨーロッパでもっとも重要な作曲家のピアノ独奏曲を、1874年製年製と1921年製のパリ、エラール社のオリジナル楽器で。

中音域の倍音の豊かさ、高音域の繊細な煌びやかさ。現代ピアノのスタンダードとは異なる、ニュアンスに富み透明感ある穏やかな古いピアノの音色が、ドビュッシー自身が生きた時代のパリへと聴き手を誘います。

 

クロード・ドビュッシー(1862 – 1918)

CD I

01 – 03. ピアノのために

III : サラバンド

04 – 06. 版画

III : 雨の庭

07. 喜びの島

08-10. 映像 第1集

I : 水の反映

11-13. 映像 第2集

14-19. 子供の領分

I : グラドゥス・アド・パルナッスム博士

 

CD II

01-12. 前奏曲集 第1集

VIII : 亜麻色の髪の乙女

13. レントより遅く

14-25. 前奏曲集 第2集

販売価格(税別)
¥4,300
売り切れ
Stock:1点

Related posts