menu

Description / Entreprise

バドンヴィレ / Badonviller

1897年、テオフィル・フェナル ( Théophile Fenal) が、フランス北東部ロレーヌ地方の町バドンヴィレに、叔父ニコラスが近郊の町ペクソンヌ (Pexonne) に1828年に立ち上げたファイアンスリーから、分離独立するかたちで開窯。

すぐに300名を超える労働者を雇うまでになり、創業者テオフィルの死後は息子エドゥワルドにより従業員1000名を超える規模まで成長。リュネヴィル、サンクレモン、サルグミンヌ、前述したペクソンヌ等を中心に陶器製造が盛んだったロレーヌ地方で、新興の存在でありながらも、特に1900年代前半に強い存在感を示したファイアンスリーです。