menu

Items / Pottery

Plat en terre vernissée d’Auvillar

 

さまざまな色調の施釉陶器から、ファイアンス、ファイアンスフィーヌに至るまで、古くから存在した地場の工芸文化に、英国の影響も加わり、多様な作陶を行った19世紀フランス南西部の陶器の名産地オヴィラール(及び近郊のモントーバン、アルデュ等)。

村の博物館にも同型、同色の品が所蔵されている象徴的な茶釉陶器を、幸運にも同地に住むディーラーから譲り受けることができました。

さらりと流れるように描かれた一筆文様の朗らかな美しさ。当時のフランスとしては珍しい装飾ですが、歴史的背景を踏まえると、同じ作陶技法を用いた、所謂英国のスリップウェアを陶工が参考にしていた可能性は高そうです。カタチ、施釉はフランス特有のもので、器全体のバランス感覚に好奇心をくすぐられます。

横幅32センチ、使い勝手のよさが嬉しいサイズです。

豊かな存在感。肉料理やグリル野菜を盛り付けて食卓の主役にいかがでしょうか。

 


 

約W32.5 D22.5 H3.7cm

(ご売約済)

Related posts