menu

CATEGORY

ヨーロッパの古い音楽「古楽」。
広い意味のある言葉ですが、クープランでは、作曲された当時の古楽器で、現代とは異なるさまざまな時代背景を踏まえて演奏され再現された音楽をそう呼んで紹介しています。知れば知るほど、学術的な奥行きの深さに惹きこまれる音楽ですが、身体に素直に馴染むな心地よさも大切にしたい。現代の暮らしの背景音楽としても寄り添ってくれる、穏やかな聴き触りの古楽CDを紹介します。美意識の高さが感じられる、美しい装丁も魅力です。

  • Chopin "Piano Works"

    19世紀パリ、音楽サロンの気配

  • Ozi "Six Grandes Sonates"

    木々の香り、古いバソンとチェロの語らい

  • Weiss "Lute Music"

    静けさのリュート、心地よい哀愁と高揚

  • Polonica

    16世紀ポーランド文化、素朴なリュートの響き

  • Ravel “Transcriptions for Gui…

    モーリス・ラヴェル、色彩感覚と静けさのギター

  • François Couperin on the Piano

    クープラン、知的でモダンな18世紀の香り

  • The Eight-Stringed Bach

    ギターで爪弾かれるバッハ、普遍の美しさを

  • English Renaissance Consort M…

    シェイクスピア、ヘンリー8世、英国上流階級の嗜み

  • Richter Quatuors opus 5

    18世紀半ば、心地よい過渡期の響きを弦楽四重奏で

  • D.Scarlatti "Sonatas arr. for…

    18世紀イベリアの気配、寄り添うギターの音色

  • Early Modern English Music

    失われた古楽器に想いを馳せて

  • Bach "Cello Suites BWV1007-10…

    古楽器ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによるバッハの無伴奏

  • Flour de Beaulté

    中世キプロスのフランス音楽

  • Madame d'amours

    ルネサンスフルートの歌声と森の囁き

  • L'heritage de Petrus Alamire

    15-16世紀ネーデルラントに響いたミサ曲を様々に

  • G.Sammartini “Oboe Sonata”

    爽やかな朝に、散歩日和の春の陽気に

  • L'Argument de Beauté

    女声による清らかな初期ルネサンス、教会音楽の響き

  • Il Primo Libro d'Intavolatura…

    ガリレオ・ガリレイの情景

  • Apollon Orateur

    17世紀パリ、リュートの調べ

  • Cosmography of Polyphony

    ルネサンス時代、リコーダー合奏で巡る諸国の調べ

  • Haydn "4 Piano Sonotas"

    ウィーン、ハイドン生家のピアノの響き

  • Chopin "Ballades & Nocturnes"

    19世紀パリ、プレイエル社の古いピアノでショパンを

  • J.S.Bach "A Flauto Traverso"

    フラウト・トラヴェルソと森の香り

  • Stolen Roses

    夏の雨の日、リュート一挺によるしめやかな時間を

  • VI Concerts à 4 flutes et bas…

    リコーダー4本、バロック時代の北ヨーロッパの日常

  • Fil d'argente, f'il d'or

    バロックフルート2本、雑味ない自然な心地良さ

  • German Baroque Sonatas

    古雅な気配と木の香り、ドイツオーボエの響き

  • Lord Gallway's Delight

    古いヨーロッパの楽器でアイルランド音楽を

  • Mozart "Piano Sonatas"

    モーツァルトの愛奏したフォルテピアノの響きを

  • Les Saxs de Sax

    19世紀、発明されたばかりのサクソフォン

  • Concerts avec plusieurs instr…

    ライプツィヒのコーヒーハウスでバッハを

  • Concerts avec plusieurs instr…

    ライプツィヒのコーヒーハウスでバッハを