menu

CATEGORY

ヨーロッパの古い音楽「古楽」。
広い意味のある言葉ですが、クープランでは、作曲された当時の古楽器で、現代とは異なるさまざまな時代背景を踏まえて演奏され再現された音楽をそう呼んで紹介しています。知れば知るほど、学術的な奥行きの深さに惹きこまれる音楽ですが、身体に素直に馴染むな心地よさも大切にしたい。現代の暮らしの背景音楽としても寄り添ってくれる、穏やかな聴き触りの古楽CDを紹介します。美意識の高さが感じられる、美しい装丁も魅力です。

  • Concerts avec plusieurs instr…

    ライプツィヒのコーヒーハウスでバッハを

  • Erik Satie

    19世紀末パリの響きを、古いピアノで

  • Debussy "Piano Music on the h…

    100年前、古いパリのピアノでドビュッシーを

  • Chopin "Ballades & Nocturnes"

    19世紀パリ、プレイエル社の古いピアノでショパンを

  • Chopin "Piano Works"

    19世紀パリ、音楽サロンの気配

  • Ozi "Six Grandes Sonates"

    木々の香り、古いバソンとチェロの語らい

  • Weiss "Lute Music"

    静けさのリュート、心地よい哀愁と高揚

  • Newsidler "Lute Music of Nurn…

    16世紀ドイツ、リュート1本で紡ぎ出される音の粒