menu

Other

couperin avec susuri

「お召しの衣服、素敵ですね」。クープランにお越しいただいた、その時点では初めましてだった susuri 齋藤夫妻にかけた一言から縁が紡がれていき、その後、古物と衣服を通して個人的な交感を数年間続けさせいただきました。

自身の身体とすぅっと共鳴することに心躍り、気づけば増えていたワードローブの susuri。そして自分は、彼らがクープランで選んだ古物の一つ一つを覚えてます。そういうプロセスの大切さ。

クープランの真ん中にある古物を媒介として、世界がほんの少し拡がったなら。

奥深い過程をしずかに潜め、表出された衣服の浮遊感を素直に愉しむ。
眺め、纏い、その心地よさを感じていただけたらと思います。

Related posts