menu

Items / Pottery

Creil “Laurier Plate”

 

<Shopping Information>

サイズ: φ22.5cm
状態: 割れ欠けはなく良好です。経年による風合いを写真にてご確認ください。

 


 

1800年代初期のクレイユ窯作陶。コバルト色の月桂樹のモチーフをさりげなくあしらった美しいファイアンスフィーヌの絵皿。

パリの貴族や有産階級を顧客に作陶されていた時代、初期クレイユならではの品良き戯れ。

デコレーションは当時クレイユでデザインディレクションを行っていた英国人ジャック・バグナルによるものとされています。原案含めてどこまで関わったか、正確なことは定かではありませんが、バグナルが窯のディレクターを務めていた時代に生み出された器であることは確かです。

実用性の高い絵皿は常々探していますが、好みのデコレーションに出会えることは本当にごく僅か。ファイアンスフィーヌのシンプルで上品な絵皿となると、後にも先にも、これ以上に好みな絵皿には実は出会えていません。

在庫が複数点あったため何度か紹介を重ねてきましたが、ラスト1枚。

作陶技法、テール ド ピップ (terre de pipe) による美しい白。
カトラリー跡や気にならない程度の染み。200年という時を経てきた美しい古陶器です。

 

 

Creil (クレイユ)

1797年、パリの北に位置する郊外の街クレイユに、アイルランド出身のパリの実業家ロバート・ブライ・オライリー (Robert Bray O’Reilly) なる人物が、クリスタルのガラス製造から事業の変更をするかたちで開窯した陶器窯。1802年、隣町の製陶所シャンティーのディレクターであったジャック・バグナルが、能力の高い労働者や職人を引き連れて転籍し、英国風上質陶器の作陶を開始したことで、クレイユは急速に発展していきました。

18世紀末から19世紀初期にかけて、フランスで独自発展した英国風上質陶器は「ファイアンスフィーヌ」と後世に呼ばれることになりますが、当時のファイアンスフィーヌ作陶において中核をなした窯です。

※単独のクレイユとしての作陶品は1800年代半ば頃まで存在します。1819年にクレイユの所有者が製陶所モントローを買収、やがて2つの窯は完全に合併をしクレイユエモントロー社となります。クレイユエモントロー社は、ファイアンスフィーヌから、より量産の可能なテールドフェールの作陶へとシフトし、引き続き19世紀末まで、フランスの陶磁器生産における中核をなしていきます。

地図(Click!

 

Jacques Bagnall (ジャック・バグナル, 1762-1825)

1800年代前後にパリ周辺の陶磁器窯で活躍をした英国人。北フランスのドゥエ、パリ北部のシャンティイでの陶器工場従事を経て、1802年から亡くなる直前まで合併前最盛期のクレイユ窯のディレクターを担いました。

19世紀初期のフランス陶芸文化には多くの英国人の影響が見られますが、そのなかでも強い存在感を見せている人物の1人です。

 

(ご売約済)

Related posts