menu

Curiosité / Items

Ancien Plat en bois massif

 

南フランスで仕入れた美しい木皿。

木という民衆的なマテリアルを、旋盤木工で端正に都会的に仕上げた、その佇まいに心惹かれました。李朝の漆器を思わせるような朱彩は程よく褪色し、ゆららかで色気ある表情を湛えています。東洋的感性との親和を感じますが、西洋の古木皿としては、非常に珍しい印象の品。その塩梅に目を留めてくださる方がいらっしゃたらと思うところです。

酒器や煎茶、菓子盆まで。多様にお使いいただけると思います。

大胆に割れてしまった本体は日本の黒漆で継ぎ、背面を鎹で補強しました。
鎹の素材は銅、使い込むことで育っていく過程も楽しみです。

推定19世紀。

 


 

φ29cm

(ご売約済)

Related posts