menu

Curiosité / Items

Ours à Paris

 

色あせ、悴せ、生地はほつれ。それでも大切にされ刻んできた時間。
胴の不器用で懸命な直しも、そんな物語を伝えてくれますね。

健気にやさしく佇む。パリから届いたテディベア、1900年代初期。

 

(ご売約済)

Related posts