menu

Glassware / Items

18-19th Century “Confiture Glass” c

 

<Shopping Information>

サイズ: 約φ12 × H7cm
状態: 良好。

 


 

18世紀半ばから19世紀初頭、手吹きで成形されコンフィチュールポット。

円周に沿って生まれる宙吹きならではの揺らぎの筋。サイズや気泡、厚みのムラが様々な古手のコンフィチュールポットには、綺麗にかたちどろうとしたのでもなく、その逆に崩そうとしたわけでもない、絶妙な不均一さがあります。

その用途から使い捨てをされることも多かったそうです。ガラス成形技術がフランス各地に一般普及していく直前の時代の成形品。市場にも数が出回らない器です。

ヨーグルトやグラススイーツを添えて、コンフィチュールポットとしてはゆとりあるサイズなのでちょっとした副菜を盛り付ける器にも良いと思います。あるいはポプリを入れても素敵ですね。

ごく古手のグラスでこそ感じることのできるニュアンス豊かな器の表情を感じてみてください。

 

 

> 手吹きガラス

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で、風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。

20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 

販売価格(税別)
¥0
売り切れ
Stock:0点

Related posts