<Information>

演奏: ザ・ロイヤル・ウィンド・ミュージック (リコーダー古楽合奏)
録音: オランダ、ランスドルプ教会

 


 

ルネサンス時代、リコーダー合奏で巡る諸国の調べ

ルネサンス時代のアンソロジーと呼べるような内容の16〜17世紀の様々な地域・ジャンルの楽曲が、リコーダー合奏で収められた1枚。

リコーダーという楽器は、奏者の「息」がダイレクトに楽器と結びつき音が出るという特性があります。換言するなら、奏者という存在と楽器との間にいかなる隔たりもなく、吐く息がそのまま楽器の音色に変化します。そこから、リコーダーという楽器は昔より「人の声」、そして「歌」に近しいものとされてきました。

そのものずばりの当時の声楽ポリフォニー(複数の旋律が、編み物のように複雑に組み合わさって形作られる多声音楽)を器楽で奏でたもの。舞曲やファンタジアなどの器楽アンサンブル曲。オルガンなどの鍵盤楽器のための楽曲をアレンジしたもの。3つのジャンルを軸に、リコーダーの特性、目指す理想が体現されている魅力的なアルバムとなっています。

例えばかの高名なイングランド王ヘンリー8世(在位:1509-1547年)のコレクションに、大きさも様々な数十本のリコーダーがあり、その所持が王侯貴族にとっての一種のステータスともなっていたように。

リコーダーアンサンブルの全盛期とも呼べるルネサンス期の音楽を、当時代を専門として10年という年月心血を注いできたリコーダーアンサンブルによる美しい演奏でお楽しみください。

そうそう。さりげなくより後年の時代に活躍したバッハのオルガン曲(トラック13)が収められてるのもまた心憎いですね。

参照: “Cosmography of Polyphony” Passacaille, 2017 – 国内盤収録 リコーダー奏者 菅沼起一氏の解説より

 

ザ・ロイヤル・ウィンド・ミュージック (The Royal Wind Music)

12人のリコーダー奏者によって1997年に結成されたアンサンブル。16-17世紀に書かれたルネサンス期の音楽を中心に、当時の演奏様式を踏まえたルネサンスリコーダー合奏を演奏。フランデレン音楽祭やユトレヒト音楽祭、ベルリン古楽週間、グリニッジ国際古楽音楽祭、ボストン古楽祭など、世界各地の古楽音楽祭で広範な活躍を見せています。

 

01. うるわしき乙女マリアの御体は / アドリアン・ヴィラールト (1490頃 – 1562)

02. 甘き思い出に / エルナンド・デ・カベソーン (1541 – 1602)
03. 不運がわたしを打ちのめす / ヨアンネス・オケゲム (1410頃 – 1497)
04. 千度も悔いる思いで / ニコラ・ゴンベール (1495頃 – 1560頃)
05. ライン川のほとり、アンデルナハで / アントワーヌ・ブリュメル (1470 – 1536) 編

06. ああ、苦しき悦び / カルロ・ジェズアルド・ダ・ヴェノーザ (1561 – 1613)
07. 隷属の身として生きるのだから / ピエール・ファレーズ (1505/10頃 – 1573/76頃) 編
08. ブランル・ゲ / ピエール・ファレーズ (1505/10頃 – 1573/76頃) 編
09. ブランル / ピエール・ファレーズ (1505/10頃 – 1573/76頃) 編
10. 六つの低音パートで (ファンタジア) / アルフォンソ・フェラボスコ1世 (1543頃 – 1586)
11. 足鍵盤を伴うプレルディウム / ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンク (1562 – 1621)
12. わが青春、すでに過ぎ去り / ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンク (1562 – 1621)
13. わたしたちが最も苦しいときにも BWV641 / ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (1685 – 1750)

14. それは聖なる夜のこと / アントニー・ホルボーン (1545頃 – 1602)
15. ガリアード:ああ、なんと善きこと / アントニー・ホルボーン (1545頃 – 1602)

16. アルメイン:選ばれたもの / アントニー・ホルボーン (1545頃 – 1602)
17. わたしたちの希望であらせられるかた / オスバート・パースリー (1511 – 1585)

18. さあ!皆で食べ、飲もうじゃないか / フアン・デル・エンシーナ (1468 – 1530)
19. わが竪琴、悲しみの調べにあわせ / アロンソ・ロボ (1555 – 1617)

販売価格(税別)
¥2,900
Stock:1点