menu

Items / Pottery

Sarreguemines modèle Favori “Assiette Creuse”

 

可愛らしさと品の良さ。仲睦まじい鳥絵に癒されますね。
1900年代初期サルグミンヌ、モデル・ファヴォリ。

このモデル、何度か見かけたことがあるのですが、より発色の強い朱色な個体も多いなかで、落ち着いた小豆色のステンシルに心惹かれました。深皿型ということもあり、印が見込み内側まで入り込み過ぎず、程よく余白が生まれているのも、華美になり過ぎず好印象。

当代のフランスらしい、軽やかな印象と丁寧な作陶感。

添えることで食卓がぐっと華やぐ1枚だと思います。

食器棚の「お気に入り = ファボリ」に。目に留まった方、いらっしゃいましたら。

 

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、ディゴワン サルグミンヌと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

 


 

<Item Information>

サイズ: φ22.9 × H3.5cm
状態: 使用感はありません。ごく良好な状態です。

 

販売価格(税別)
¥5,000
out of stock

Related posts