menu

Items / susuri

susuri “Kalmar One-Piece”

 

susuri (ススリ)、カルマールワンピース。

凛としたエレガントと愉しさ、可笑しさや軋み。susuri 固有の気配を帯び、1枚で装いの空気を一変させてくれる、美しいワンピースです。

裾に向かってたっぷりとしたボリューム。デザイナーは、足を大きく広げてスイスイ泳ぐイカをイメージしたそうです。ゆったりと細やかなドレープと、しなやかでほんの僅かに艶やかさを帯びた生地感は、上質なカーテンを思わせます。

毛焼きして滑らかになったボイル糸を高密度で織ることで、ザラリとした感触にボワンと詰まった弾力を持たせつつ、同時に美しいドレープの演出を可能にしています。

また前後身頃の分量の違いやカットの違いが、動いたときにふんわりと残像を生みます。衣服が人を引き立たせ、共鳴し合うることで、より魅力が増す、そんな1枚です。

首、胸元はクラシックなシャツデザインを踏襲しているので、甘くなりすぎることはありません。品ある大人な女性をニュアンスを、纏う人の佇まいに心地よく忍ばせてくれます。

背丈や体型を選ばず着こなすことができるのも嬉しいですね。

 

 

susuri

日々の旅。日常は、羞じらいや緊張、可笑しさや軋みなど曖昧な気分を見つける小さな旅の繰り返しです。そんな不確かで不均等な日々の気分を 男らしい、女らしい、という感覚に捕われず 時代や物語のイメージを重ねて 衣服として表現します。

 

 

susuri 2019 A/W collection “egg”

孤独や偏見、劣等感、虚栄心、衝動や情熱、可能性や共感性など人が持つ様々な表情を、仄暗く冷たい失望に覆われた平坦な毎日から、激しく抗いがたい歓びの起伏に帯びた日々へ の変化を通して、愛の決まりのなさを描いた映画『THE SHAPE of WATER』。

控えめなエレガントさと強さ、儚さを内に秘めた登場人物たちが紡ぐ、ロマンティックなムードの映画の雰囲気を目指して形づくられシーズン。

ブルーとグリーン、レッドのキーカラーに、アイボリーやブラウン、ネイビーや黒などを加えたパレット。海や川、雨など水に生きる動物や植物とそこに関わる人々が、映画からモチーフとして抽出され、縦に長いシルエットを基本に、膨らんだり、すぼまったり、ねじれたり絞ったり。1着のなかにあるシルエットの変化が意識されたコレクション。

 

 

couperin avec susuri

 

 


 

<Shopping Information>

素材: コットン 100%
サイズ: 1 (女性 フリーサイズ) / モデル身長:160cm

採寸:
肩幅 45 / 身幅 59
前身頃丈 105 / 後ろ身頃丈 118 / 袖丈 55cm

 

販売価格(税別)
¥43,000
Stock:1点

Related posts