menu

Items / susuri

susuri “Manatos Skirt”

 

susuri (ススリ)、マナトススカート。

円柱のように丸いマナティーのイメージで、裾へ広がらないシルエットが描かれた上品なスカート。

ざっくりとした雰囲気と柔らかさが出るよう織られたウールタッチの表側と、しっかりとコシがあって強く、しなやかな裏側のリネン。表裏の表情が全く異なる二十織りが採用されています。

susuri 固有のニュアンスを纏いながらも、例えばオフィス使いなんかにも適しそうな、落ち着いた佇まい。素敵な塩梅です。内ボタンが2箇所2点ついており、腰回りの調整も容易。

綿の段階で先染めすることでムラを帯びたトップ糸の使用。素材の特徴であるシワやネップ、筋。古い衣服を想わせるような、複雑な色彩と素材の風合いの豊かさも魅力的です。

 

 

susuri

日々の旅。日常は、羞じらいや緊張、可笑しさや軋みなど曖昧な気分を見つける小さな旅の繰り返しです。そんな不確かで不均等な日々の気分を 男らしい、女らしい、という感覚に捕われず 時代や物語のイメージを重ねて 衣服として表現します。

 

 

susuri 2019 A/W collection “egg”

孤独や偏見、劣等感、虚栄心、衝動や情熱、可能性や共感性など人が持つ様々な表情を、仄暗く冷たい失望に覆われた平坦な毎日から、激しく抗いがたい歓びの起伏に帯びた日々へ の変化を通して、愛の決まりのなさを描いた映画『THE SHAPE of WATER』。

控えめなエレガントさと強さ、儚さを内に秘めた登場人物たちが紡ぐ、ロマンティックなムードの映画の雰囲気を目指して形づくられシーズン。

ブルーとグリーン、レッドのキーカラーに、アイボリーやブラウン、ネイビーや黒などを加えたパレット。海や川、雨など水に生きる動物や植物とそこに関わる人々が、映画からモチーフとして抽出され、縦に長いシルエットを基本に、膨らんだり、すぼまったり、ねじれたり絞ったり。1着のなかにあるシルエットの変化が意識されたコレクション。

 

 

couperin avec susuri

「お召しの衣服、素敵ですね」。クープランにお越しいただいた、その時点では初めましてだった susuri 齋藤夫妻にかけた一言から縁が紡がれていき、その後、古物と衣服を通して個人的な交感を数年間続けさせいただきました。

自身の身体とすぅっと共鳴することに心躍り、気づけば増えていたワードローブの susuri。そして自分は、彼らがクープランで選んだ古物の一つ一つを覚えてます。そういうプロセスの大切さ。

クープランの真ん中にある古物を媒介として、世界がほんの少し拡がったなら。

奥深い過程をしずかに潜め、表出された衣服の浮遊感を素直に愉しむ。
眺め、纏い、その心地よさを感じていただけたらと思います。

 

 


 

<Shopping Information>

素材: ウール 76% / 理念 26%
サイズ: F (女性 フリーサイズ) / モデル身長:160cm

採寸:
ウエスト:70 or 73cm (ボタンにより調整)
裾幅:58cm / 着丈 81cm

 

販売価格(税別)
¥38,000
out of stock

Related posts