16世紀、ルネサンス後期の時代に作曲されたポーランド風の楽曲を、自身もポーランド人であるリュート奏者が演奏した1枚は、上品な素朴さが感じられる優しい音楽です。

リュート1本で朴訥と奏でられるルネサンス音楽ならではの響きは、暮らしにそっと馴染み、何度でも繰り返し聴いていられると思います。実店舗 couperin & filtopierre で空間の背景音楽にしていることも多く、古楽の最初として手にとっていただくのにもおすすめ。

作曲家や時代背景についての日本語解説付きです。

ram1003

ram1003

Alpha013

Alpha013

Alpha048

Alpha048
無伴奏チェロ組曲集


初めての古楽に。
どなたにでもお勧めできる、聴き心地優しい撥弦楽器リュートのソロアルバムをさまざまに集めてみました。
管弦楽組曲集 Vol.1


初めての古楽に。
どなたにでもお勧めできる、聴き心地優しい撥弦楽器リュートのソロアルバムをさまざまに。
管弦楽組曲集 Vol.2


初めての古楽に。
どなたにでもお勧めできる、聴き心地優しい撥弦楽器リュートのソロアルバムをさまざまに。