<Shopping Information>

サイズ:  W8.3 × D11 × H8.2cm
状態: 良好です。下記説明もご確認ください。

 


 

1851〜1860年頃。まだ作陶数も多くはなかった時代のジアン窯で作られたブリュロです。手彩色による青いラインに上品さがありながらも、厚手の作りは質実剛健な佇まい。フランスアンティークならではの器ですね。

当時のブリュロとしては珍しく容量がたっぷり入る作りになっています。ぜひ普段使いのコーヒーカップとして、暮らしのなかでタフな活躍をして欲しいなと思います。

飲み口内側にわずかにヘアラインがありますがヒビにはなっていなく、問題なく実用いただけます。

ブリュロについてはご紹介文もございますので、よろしければご覧ください。

> Brûlot / ブリュロ

 

> Gien (ジアン)

1821年にフランス内陸部ロワール地方の街ジアンで創業した陶器会社。イギリス人実業家トマス・エドム・フルム (通称 HALL = ホール) によって開窯され、現在に至るまで陶磁器の生産を続けています。

フランス革命を経て1800年代初頭以降、フランスの様々な地方で創業を開始したファイアンス窯の1つですが、そのルーツとなっているのはパリ近郊で当時大変有力だった窯、モントロー。

モントロー窯は、1740年代に開窯後、1774年以降はイギリス人による一族経営が行われていました。その窯の工場の所有権を1819年に売却したトマス・エドム・フルムが、1821年に訪れた街ジアンで、最低限の土地と古い修道院だった建物を買い取り、そこでイギリス式ファイアンス陶器の製造を始めたのが、現在のジアン窯の始まりです。

創業当初は主に日常生活品の製造を行っていました。19世紀初期〜中期のジアン窯の器は窯の規模的にも製造数が多くはなく、現在ではとても希少です。

19世紀半ば以降は17世紀・18世紀のヨーロッパ各地の名窯からインスピレーションを得て優れた技法を掴み、万国博覧会に出展し金賞という栄誉も獲得。その後現在に至るまで、フランスを代表する陶器会社として成長を続けてきました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ