IMG_7303

<Shopping Information>

サイズ: カップ W5.7 × D7 × H 5.7cm、ソーサー φ10.5 x H2cm
状態: 良好

 


 

ありそうでない、黒色のミニマルなカップ&ソーサー。ウェッジウッドのブラックバサルトという技法を用いたものです。1960年年代前半に生産の終了したデザイン。黒は空間を引き締めてくれますね。

1768年、創業者バサルト・ウェッジウッドの時代に発明をされた、ウェッジウッドでももっとも歴史のある技法である「ブラック・バサルト」。表面を研磨で仕上げ、玄武岩のような風合いを纏った、ストーンウェア (炻器) です。

マットな表面にブラック・バサルトならではの雰囲気がありならがも、内側は鏡面仕上げになっているので、実用にもとても便利だと思います。

 

> Wedgewood (ウェッジウッド)

1759年、イングランドに設立された陶磁器メーカー。良質の粘土や石炭を産出する土地柄からストーンウェアの産地として18世紀になり急激な発展を遂げて行っていた、イングランド中部のスタフォードシャー州にバサルト・ウェッジウッドが創業。その後現在におけるまで250年以上製造をし続けている、世界有数の陶器メーカーでsy。

couperinでは上流階級を主な顧客としていた18〜19世紀の時代のクリームウェアや、20世紀以降に作られた器のうちで現代では生産をされなくなったデザインを主に紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点