<Shopping Information>

サイズ: W25.5 × D23.5 × H2.5cm
状態: 良好。時を経た風合いがほんのりとございます。

 


 

画家のパブロ・ピカソが愛したことでも有名な、ゆったりとしたディナー用にちょうど良いサイズ感のオクトゴナル皿。20世紀初頭にクレイユ エ モントローで作陶されたものに、当時のアールデコデザインの流れを汲むかたちでデコレーターにより絵付けされた器です。

パッと見て可愛らし過ぎるかなというデザインに見えて、料理を盛り付けたときには、中心にある花柄が隠れて柔らかな青色のラインが浮き上がってくる、食器として使ったときに魅力が増す1枚だと思います。

傷や欠けはなく良好な状態ですが、時を経た風合いがほんのりと器全体にございます。一覧写真をご確認ください。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー(ファイアンス陶器窯)、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点