<Shopping Information>

サイズ: φ12 × H8cm
状態: 良好

 


 

リュネヴィルで19世紀末から20世紀初頭に作られたテリーヌポットです。

リュネヴィルらしい、ほんのり艶感のある白釉薬がきれいなテリーヌポット。ライオンの取っ手がつき、天辺は熱が抜けるように穴が開けられています。食卓には立体感が欲しい。こじんまりして可愛らしいサイズ感のテリーヌポットは、食卓をぐっと雰囲気のあるものにしてくれると思います。小物入れとして使っても良さそうですね。

 

> Luneville (リュネヴィユ)

1728年にジャック シャンブレットがフランスのロレーヌ地方で開窯し、その後経営権の移譲や合併など様々な変遷を経ながらも、1981年まで生産が続けられた窯です。リュネヴィルとしての生産がもっとも盛り上がったのは1900年代初頭。ヨーロッパでも屈指の陶器会社として、多くの陶磁器が生産されました。

1758年に同じ経営者のもとで作られたサン クレモン (St Clement) の窯と併せて、リュネヴィル-サンクレモンとも呼ばれます。

faiencerie_de_lunnville

※1892年撮影のリュネヴィル工場

couperinで主に紹介をしているのは19世紀〜20世紀初頭のリュネヴィル。リュネヴィルは創業者のシャンブレットの亡くなった後に事業を引き継いだケラー家とゲラン家の一族が経営拡大をするかたちで、1892年に法人化したケラー-ゲラン社 (Keller-Guerin)となりますが、その時代に作陶された器が中心です。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点