tw_059_5

<Shopping Information>

サイズ: φ26cm
状態: 良好

 


 

19世紀に作陶されていたフォルムをモチーフに、20世紀初頭にクレイユ エ モントローで生産さたリム皿。ほんのりと淡いクリーム色です。

華美になり過ぎない繊細さと優雅さは、現代の暮らしに気持ちよく馴染んでくれるなと思います。

スーププレートとしてはもちろん、比較的大きめサイズ感なのでディナープレートやワンプレートとしても使えそうですね。

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開釜したクレイユ窯、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントロー釜とが1840年に合併してできたのが、クレイユ エ モントロー窯。その後、1920年にはショワジールロワ窯と合併し、社名をHBCM Hyppolyte-Boulanger Creil Montereauと変更し、1955年まで製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥8,500
Stock:1点