TW_0651_1

<Shopping Information>

サイズ:  W8.5 × D11 × H6cm
状態: 傷や欠けなどはなく良好です。古い時代のもので多少の貫入や染みがございます。

 


 

19世紀、1849〜67年頃にクレイユ エ モントローで作られた陶器のブリュロです。

主に北フランスを中心に、カフェやビストロで使用されていたブリュロ。優しいフォルムのとても品の良い器です。ブリュロは作られた時代や釜によってさまざまなカタチが作られていますが、こちらは持ち手部分にきちんと大きさがあり持ちやすく、カップもブリュロのなかでは容量が多く入るようになっているので、普段使いにもとても便器なタイプだと思います。

ブリュロについてはご紹介文もございますので、よろしければご覧ください。
> Brûlot / ブリュロ

傷欠けなどはなく良好な状態ですが、古い時代のもので多少の貫入や染みはございますので、画像をご確認いただき、気になる方はお気軽に申しつけください。

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開釜したクレイユ窯、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントロー釜とが1840年に合併してできたのが、クレイユ エ モントロー窯。その後、1920年にはショワジールロワ窯と合併し、社名をHBCM Hyppolyte-Boulanger Creil Montereauと変更し、1955年まで製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点