TW_072

<Shopping Information>

サイズ: φ22.5cm
状態: 良好です。全体的にほんのりと貫入がございます。

 


 

白色の器に便利さがあるのはもちろんですが、少し色味のある器を食卓に差し込むと、ぐっと空間全体が華やかなものになるなと思っています。ジアン窯で作陶された遊び心が感じられる黄釉陶器の皿です。

柔らかな黄色はとても優しい雰囲気。フランスアンティークだとピション窯やユゼス窯、もう少しモダンなものだとフィンランド イッタラ社のティーマ。黄色い器は思っている以上に使いやすく、用の品としてとてもオススメです。

オーソドックスなカタチ、サイズ感なので、食卓のあらゆるシーンで活躍しれくれると思います。

使用感は見られないとても良好な状態ですが、全体的にほんのりと貫入が見られます。継続的な使用にももちろん問題はございませんが、気になる点がございましたら、お気軽にお訊ねください。

 

> Gien (ジアン)

1821年にフランス内陸部ロワール地方の街ジアンで創業した陶器会社。イギリス人実業家トマス・エドム・フルム (通称 HALL = ホール) によって開窯され、現在に至るまで陶磁器の生産を続けています。

フランス革命を経て1800年代初頭以降、フランスの様々な地方で創業を開始したファイアンス窯の1つですが、そのルーツとなっているのはパリ近郊で当時大変有力だった窯、モントロー。

モントロー窯は、1740年代に開窯後、1774年以降はイギリス人による一族経営が行われていました。その窯の工場の所有権を1819年に売却したトマス・エドム・フルムが、1821年に訪れた街ジアンで、最低限の土地と古い修道院だった建物を買い取り、そこでイギリス式ファイアンス陶器の製造を始めたのが、現在のジアン窯の始まりです。

創業当初は主に日常生活品の製造を行っていました。19世紀初期〜中期のジアン窯の器は窯の規模的にも製造数が多くはなく、現在ではとても希少です。

19世紀半ば以降は17世紀・18世紀のヨーロッパ各地の名窯からインスピレーションを得て優れた技法を掴み、万国博覧会に出展し金賞という栄誉も獲得。その後現在に至るまで、フランスを代表する陶器会社として成長を続けてきました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点