TW_0734_1

<Shopping Information>

サイズ: φ21cm
状態: 貫入の入り方に個体差がございます。

 


 

1900年代前半にBadonvillerで作られたシンプルな陶器のプレート。

幅21cmのこのプレートは、ディゴワン・サルグミンヌやジアンといったフランスのほかのファイアンス窯でも同様のフォルムデザインで生産をされた、フランスアンティークの器では定番のかたちですが、今回仕入れた器の魅力は、それぞれの陶器に入ったうっすらと入った茶色みがかった貫入だなと思います。

アンティークは完品を好む人もいれば、経年によって変化していたものを好む人もいます。こちらのプレートは、同じのかたちのものでほぼデッドストックに近い完品を見ることもありますが、今回仕入れた器のもつ貫入からは、白色の持つ気品と、時を経てこそ生まれる渋みの入り交じった色気を感じます。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点