tw_083

<Shopping Information>

サイズ: φ20.5 × H2.8cm
状態: 良好

 


 

フランス、サルグミンヌ ディゴワン窯で20世前半に作陶された、可愛らしいミニレリーフプレート。

古代ギリシャ・ローマ時代からヨーロッパ建築の柱頭装飾の基本形式として受け継がれ、工芸品のデザインとしてしばしば用いられてきたモチーフの1つである植物、アカンサスがレリーフにあしらわれています。アカンサスの葉はその美しさに加えて、冬も枯れずに青々と繁ることから、縁起ものとしてもヨーロッパでは古くから好まれきたそうです。

ほんの少し小さめのサイズ感は、デザート皿やディナーの取り皿に良さそうですね。

 

> Sarreguemines Digoin (サルグミンヌ ディゴワン)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、サルグミンヌ ディゴワンと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点