tw_1001

<Shopping Information>

サイズ: φ30cm
状態: 良好です。写真も合わせてご確認ください。

 


 

19世紀末から20世紀初頭にGienで作られた大皿です。

料理を専門にする方や、ご自宅にお客様をお呼びにしてお食事をサービスしたりされる方に人気のサイズ感。日々の暮らしで普段使いにするには少し大きめですが折に触れて必要なタイミングが訪れる、手元に置いておくだけで安心感を与えてくれる、そんな器です。

フランスアンティークならではの表情のある白が魅力的ですね。

大きなキズや欠けはなく、時代を考えると大変良好な器です。リムの端に大きさにして1mm以下、ほとんど気にならないくらいの小さな釉薬の剥がれがございますが、ご使用の際にも全く気にならない程度のものかと思います。

 

> Gien (ジアン)

1821年にフランス内陸部ロワール地方の街ジアンで創業した陶器会社。イギリス人実業家トマス・エドム・フルム (通称 HALL = ホール) によって開窯され、現在に至るまで陶磁器の生産を続けています。

フランス革命を経て1800年代初頭以降、フランスの様々な地方で創業を開始したファイアンス窯の1つですが、そのルーツとなっているのはパリ近郊で当時大変有力だった窯、モントロー。

モントロー窯は、1740年代に開窯後、1774年以降はイギリス人による一族経営が行われていました。その窯の工場の所有権を1819年に売却したトマス・エドム・フルムが、1821年に訪れた街ジアンで、最低限の土地と古い修道院だった建物を買い取り、そこでイギリス式ファイアンス陶器の製造を始めたのが、現在のジアン窯の始まりです。

創業当初は主に日常生活品の製造を行っていました。19世紀初期〜中期のジアン窯の器は窯の規模的にも製造数が多くはなく、現在ではとても希少です。

19世紀半ば以降は17世紀・18世紀のヨーロッパ各地の名窯からインスピレーションを得て優れた技法を掴み、万国博覧会に出展し金賞という栄誉も獲得。その後現在に至るまで、フランスを代表する陶器会社として成長を続けてきました。

 

販売価格(税別)
¥10,000
Stock:1点