<Shopping Information>

サイズ:  φ19 × H2.5cm
状態: 良好

 


 

サンタマン・オーチー・アマージュ陶磁器、ムーランデルー・アマージュ製陶場で作られた小皿。

couperinでは普段、原色にちかい色味の器をたくさん取り扱うということはないのですが、その小ささが生む程よい可愛らしさに惹かれて仕入れました。朝ごはんのパン皿や、ちょっとしたティータイムのデザート皿に。なんていうことはないデザインなのですが、ラフに気軽に使っていただきたいなと思える器です。北欧のヴィンテージ陶器等との相性も良さそうですね。

作陶年代は20世紀半ば頃。割れや欠け、彩色の剥がれもなくはなく器としてはごく良好な状態です。

 

>  Céramique de Saint-Amand-les-Eaux (サンタマン=レゾーの陶器)

Faïences et Porcelaines de Saint-Amand-Orchies-Hamage & Manufacture du Moulin des Loups-Hamage
サンタマン・オルシ・アマージュ陶磁器 & ムーランデルー・アマージュ製陶場
※1923年以降の企業名

18世紀初頭より北フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏の北部では陶磁器の生産が続けられていました。様々な変遷を経てきたため、作陶の起源である地域の名を取り、総称してサンタマン=レゾーの陶器と呼ばれています。

主要な窯のあった場所は、古くはオルシ、サンタマン=レゾー、ヴァランシエンヌ、そして19世紀末の起業化後にできたヴァンディニー=アマージュです。

現在のアンティーク市場で主に見つけることができるのは、1880年リュネヴィル-サン クレモンの影響を受け、窯を企業化したうえで陶磁器の量産をするようになった19世紀末以降のもの。1923年以降は、サンタマン・オーチー・アマージュ陶磁器 (Faïences et Porcelaines de Saint-Amand-Orchies-Hamage) の社名で、ムーランデルー工場での生産を行いました。「Saint-Amand et Hamage」「Moulin des Loups et Hamage」というような刻印がある器は、同社の作陶品です。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ